NEWS

  • レシンパーツの製作工程

  • 2014 / 09 / 17

  • 2014年のAWのメインビジュアルで使用している樹脂パーツについてご紹介です。

    レシン(樹脂)といっても様々な原料から作られるその素材は、プラスチックやアクリルなど馴染み深いものもあれば、

    カゼインやベークライトなど今では希少なものまで・・・使う用途によってその価値も色々。

    Pisceans(ピッシェアンス)では、奈良県にある老舗のボタンメーカーさんと樹脂玉作りから企画をスタートしました。

    今回選んだ素材は、その昔ヨーロッパで開発された「カゼイン」という樹脂と、アクセサリーパーツ用に加工のしやすい「アクリル樹脂」です。

    カゼイン樹脂は「象牙」や「角(つの)」の代用品として開発され、インテリアのパーツ(ドアノブやハンドル、カトラリーの柄)

    などにも使われるなど、アクセサリーパーツ以外にも広く人気があった素材ですが、

    今ではこの素材を生産できる日本の工場は数少ないそうです。。。

    アクリル樹脂はアクセサリーパーツとしてカットや研磨など加工のしやすい人気の素材で、色や質感も様々に表現されています。

    今回の企画では、象牙とジェット(木の化石の一種で漆黒の宝石として貴重な素材)を

    「カゼイン樹脂」の餅玉と「アクリル樹脂」の多面カット玉で表現していくことに⭐︎

    工場さんから製作工程の画像をご提供いただいたので、ご紹介します!

    まず樹脂の塊をカットし成型していきます。

     

    カット用機械1

     

     

    カット専用機械に形にあわせた型刃をセット(型刃もいろいろ)

     

    樹脂カット刃

     

    これらを回転部にセットしカット加工をしていきます!

     

    カット加工中

     

    丸型の玉のカットや研磨は「ジグ」とよばれる固定器具に装着し加工していきます。↓アクリルカット玉はこんなかんじに・・・

     

    カット玉のジグ

     

    そんな「ジグ」の色々・・・見ていてワクワクします♪

     

    ジグ色々

     

    出来上がった玉やパーツを研磨加工でさらに光沢を出していきます。

    木片や竹のチップが入った大きなドラムに樹脂パーツを一緒に入れて

     

    バレルの中

     

    ドラムを回転させ研磨加工で光沢を調節しながら仕上げていく「バレル」と言われる作業

     

    バレル機械

     

    小さなパーツでも、職人さんの繊細な手作業〜大掛かりな機械作業などを経て一粒一粒つくられています。

     

    P6260496-のコピー

     

  • 日本橋三越でイベント開催中!

  • 2014 / 09 / 10

  • 9/10〜16、日本橋三越本館5Fリビング&アートフロアのJスピリッツにてイベントを開催中です。

    その中で、Pisceans(ピッシェアンス)は、絵付けが施された桐箱とともに展開頂いています。

     

    日本橋1

    日本橋2

     

    お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りください♪

  • EXTRA PREVIEW#9ご来場ありがとうございました。

  • 2014 / 09 / 10

  • 先週開催されたEXTRA PREVIEW#9、Pisceans(ピッシェアンス)は今回初めて1階ブースでの展開でした。

    展示会そのものも進化する中で、またたくさんの新しい出会いがあり刺激的な3日間でした!!

     

    EXP1

     

    今回の新作のセットピアスは星空をイメージして展示しました☆

     

    EXP2

     

    そして、日頃お会いできないお取引先様とお会いできるのも展示会での大事な時間です。

    ご来場者の方からも「ファンです♪」等とお声をかけて頂くこともあったりして嬉しい限りでした!

    ブースにお立ち寄り頂いた皆様、ありがとうございました。

  • Archives

    • 2019 (4)
    • 2018 (11)
    • 2017 (12)
    • 2016 (18)
    • 2015 (23)
    • 2014 (22)
    • 2013 (24)
    • 2012 (27)
  • © 2019 Aperites Design inc.